グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



第11回「日本語表現大会」を開催します(本選11月25日(水)・12月2日(水))

11回目となる「日本語表現大会」を開催します

日本語学科・学生部の共催で、第11回目となる「日本語表現大会」を今年も開催します。

毎日の生活で用い,勉学にも欠かせない手段となっている日本語ですが,それだけに,不用意で不正確で不適切なその場しのぎの使い方をしてしまうこともあると思います。

伝える内容を吟味し,構成をきちんと整え,適切な話し方で効果的に訴える力は,社会で活躍していくための最も基本的な能力です。

日本語を用いた‘よい伝達’の力を競う場として,このコンテストを開催します。

日本語を母語とする人,外国語として日本語を学んでいる人,どなたもぜひ参加してください。

また,当日来場は自由です。参加者以外の学生・教職員のみなさんもぜひ会場にいらしてください。


実施内容

1. 朗読部門

課題「山本周五郎の作品」から参加者が選択した文章を朗読し,題材の魅力,内容理解の適切さ,聞き手への伝達効果などを競います。


2. スピーチ部門:テーマ「実感」

上記テーマについて口頭発表を行い,視点の独自性,主張内容の適切性,口頭表現のうまさなどを競います。

※ 朗読部門・スピーチ部門は参加申し込みが多数の場合,予選を行います。

予選(申込多数の場合):
平成27年11月25日(水)午後4時30分から

本選:
平成27年12月2日(水)午後4時30分〜7時
外大511教室


※ 当日来聴は自由です 参加者以外の学生・教職員もぜひお聞きください。


3. 作文部門

指定されたテーマについて作文を執筆し,論理構成の的確さ,文章構成および表現の適切さと効果,読み手への伝達効果などを競います。

本選:
平成27年11月25日(水)午後4時30分〜7時



4.鑑賞文部門(新設)

配布される書籍(村上春樹短編集)から選んだ作品について,鑑賞文を執筆し,内容把握の正確さ,紹介内容の適切さ,文章表現などを競います。

提出締め切り:
平成27年11月20日(金)午後5時


※ 部門ごとの優勝者・準優勝者に,賞状と賞品を授与します。
※ 参加者全員に参加賞・記念品を贈呈します。

参加について

参加資格:
名古屋外国語大学・大学院在学生,日本語教育センター留学生・特別聴講学生

学生審査員も募集:
朗読部門・スピーチ部門本選会(12月2日)の審査員も募集しています。

審査員資格:日本語学科3・4年生

参加・審査員申し込み:
平成27年11月6日(金)午後5時締切り
日本語学科事務室(5号館5階)へ



※ 問合せ先 日本語学科・中道まで
※ 詳しい参加募集要領と参加申し込み用紙は 日本語学科事務室にあります。

奮ってのご参加,ご来聴をお待ちしています!