グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



= 竹ノ山 の タケノコ 通信 =
〔第15号 2014年8月14日〕



今月の話題  「異字同訓の漢字」

第14号 7月のチャレンジは、異字同訓の漢字の問題でした。

文字の発明は人類史上の画期的な出来事でした。文字のおかげで記録を残すことが容易になりましたし、離れた場所にいる人にもメッセージを送ることができるようになりました。しかし、文字が使われるようになったことで、音声言語と書記言語が分化し、ことばをどのように文字で書き表すかを学ぶ必要が出てきました。英語のスペリングで苦労しなかった人はおそらくいないでしょう。これとやや似たことが日本語にもあります。[hajime]という単語は「初め」と「始め」のどちらの漢字で書き表せばいいのでしょうか。日本語には、字体は違うが訓読みが同じ漢字、つまり「異字同訓」の漢字をどのように書き分ければいいかという問題があります。

7月のチャレンジは、この「異字同訓の漢字」の問題でした。回答者全員が全問正解という素晴らしい結果でした。もっとも、辞書などで調べれば答えは分かりますから、7月のチャレンジはやさしかったかもしれません。ちなみに、文化審議会国語分科会(旧国語審議会)の漢字小委員会が常用漢字表の同訓字のうち133の項目について検討を加え、用例と簡潔な説明を『「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)』(2014年2月21日)に取りまとめています。この報告書をもとに問題文について解説します。

1.(○)待ちに待った女の子が産まれた。

「女の子が誕生する」という意味では「生まれる」が一般的ですが、出産したお母さんに焦点を当てると「産まれる」でもかまいません。「山田さんご夫婦に女の子が産まれた」という感じでしょう。

2.(×)痛みが収まるまで横になっていてください。⇒「治まる」

「収まる」は「中に入る、収束する」という意味で、「スーツケースに荷物が収まらない」「夫婦喧嘩がようやく収まった」などと使います。問題文は、「痛みが制御されてなくなる」ということですから、「治まる」が適切です。

3.(○)犯行現場の犯人の様子が防犯ビデオに写っていた。

「富士山を写真に写した」結果、被写体の富士山が画像として残っていれば、「富士山が写っている」と書きます。一方、「映す」はスクリーンなどに「映写する」「投影する」という意味ですから、画像を再生している際には「スクリーンに富士山が映っている」とも書けるでしょう。この問題文では、「映っていた」も使えそうです。

4.(×)最後にオリーブオイルをちょっと加えて味を整えます。⇒「調える」

 「整える」とは乱れをなくすことですから、「体調を整える」「文章を整える」などと使います。一方、「調える」は「必要なものを揃える」、「望ましい状態にする」ということですから、味をよくするという意味では「調える」です。「調味料」は文字通り「味を調えるもの」です。

5.(×)このシャツ、ちょっと汚れているから、新しいのに代えてください。⇒「換える」「替える」

「代える」は「Aの役割をBにさせる」ということです。「ピッチャーを岩瀬に代える」などと使います。物と物を交換するときは、「円をドルに換える」「電車を乗り換える」などと「換える」を使います。一方、「学生のクラスを替える」「服を着替える」などは「新しく別のものにする」という意味で、「替える」を使います。

 漢字小委員会の報告書は、異字同訓の漢字の使い分けには個人差や年代差があり、分野によっても書き分けの習慣が違うことがあると述べています。しかし、「痛みが収まる」のようにはっきり誤りだと判断される場合があるので、気をつけた方がいいです。特にワープロの漢字変換には細心の注意を払い、文章の推敲を心がけたいものです。

(日本語学科 尾崎明人)

今月のチャレンジ

★ このメルマガでは、毎号、日本語・日本文化、日本語力、国語教育、日本語教育などについての課題を出題します。解答を考えて送ってください。タイトルを「8月のチャレンジ」として、解答のあとに、お名前と所属を書き添えてください。

★ 送り先は、takenoko_re□@nufs.ac.jp(実際の送信時には□を省き、続けて入力してください)です。

★ 次号で、送っていただいた解答のうちおもしろいものと解説を掲載します。

第15回、8月のチャレンジは、京都についての問題です。

 先日の報道でご存じだと思いますが、京都が世界観光ランキング1位になりました。昨年京都に宿泊した人数は1220万人、そのうち84万5千人が外国人だそうです。ノーベル賞作家の川端康成は、京都を「日本のふるさと」といって名作『古都』を執筆しました。この作品もノーベル文学賞の対象作品で、映画化もされています。

 今回はその京都に関する文化の問題です。

問1.古来、神社仏閣の門前には、厄除け菓子をふるまう茶店が軒を連ね、参詣者で賑わいました。名物菓子で一息つくことによって、身をととのえ清めて神前に向かう。はたまた参詣後に門前菓子を食することで、神仏のご加護を受けて厄難を払うという意味があります。さてそこで、菓子の成り立ちが「禊(みそ)ぎ・厄除け」と関係のない名物菓子はどれでしょうか。

1)下賀茂神社の「みたらし団子」
2)上御霊神社の「唐板」
3)聖護院の「八つ橋」
4)今宮神社の「あぶり餅」
5)祇園の「ちご餅」

問2.日本では古来、身体の悪いところを野菜に封じ込めたり、無病息災を願って野菜や穀物を食べたりする法要があります。次の中から、使われない食べ物はどれでしょうか。

1)きゅうり
2)かぼちゃ
3)とまと
4)だいこん
5)こんにゃくいも

★ あなたのお答えをお待ちしています。
★ ご意見、ご希望、ご質問もお寄せください。
★このメルマガでは、毎号、日本語・日本文化、日本語力、国語教育、日本語教育などについての課題を出題し、翌月号で皆様に送っていただいた解答の中のおもしろいものを紹介しながら、解説します。

※メルマガの受信を希望される方は、takenoko_re□@nufs.ac.jp(実際の送信時には□を省き、続けて入力してください)にお申込みください。「メルマガ受信希望」と記して、お名前と学校名または所属をお書きください。クイズの解答も、このアドレスにメールで送ってください。送信できないなどの場合は、「名古屋外国語大学受験生サイト」の「お問い合わせ」から問い合わせてください。

=======================
名古屋外国語大学外国語学部日本語学科
〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
電話 0561-74-1111(大学代表)
=======================