グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



= 竹ノ山 の タケノコ 通信 =
〔第13号 2014年6月12日〕



ご案内:日本語・日本語教育 大学院進学ガイダンス「大学院で日本語」

大学院に進学して、日本語教育、多文化共生、日本語学・言語学、日本文化などの分野を専攻しようとしている大学生、社会人、留学生のみなさんに

☆ 大学院で学ぶことの意義
☆ それぞれの分野の現状、研究テーマなど
☆ 志望に合う大学はどこか

などの情報を提供します

開催日時:2014年6月28日(土)午後1時30分〜3時30分
開催場所:栄ガスビル5階 502会議室 〔名古屋市中区栄三丁目15-33〕
入場無料 入退場自由
内容:

〔前半:トークショー〕
大学院担当教員へのインタビューの形で、大学院の役割、学位の意義、履修・研究進行の実際などについて紹介します。
(話し手)尾崎明人[名古屋外国語大学]× 坂本正[南山大学]
(聞き手)中道真木男[名古屋外国語大学]

〔後半:相談ブース〕
各大学の教員との個別面談で具体的な情報を提供しそれぞれの志望に応じて助言します

〔資料展示〕各大学の資料を自由に閲覧できます
<参加大学院>
・愛知教育大学 大学院 教育学研究科 発達教育科学専攻 日本語教育領域
・愛知淑徳大学 大学院 グローバルカルチャー・コミュニケーション研究科
・南山大学 大学院 人間文化研究科 言語科学専攻
・名古屋外国語大学 大学院 国際コミュニケーション研究科 日本語コミュニケーションコース〔幹事〕

事務局(問い合わせ先):
名古屋外国語大学日本語学科 中道真木男

電子メール makion■nufs.ac.jp (■を@に置き換えてください)
会場への地図など詳細は名古屋外国語大学日本語学科のホームページをご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

今月の話題  「『父』と呼ぶのはおかしい!?」

第12回、5月のチャレンジでは、留学生の疑問について考えてもらいました。

同じ年に入学した大学生男女8人が寿司パーティーで次のように話しています。

【寿司パーティーでの会話】
01 ミキ:ユリちゃん、なんでキュウリ抜いてんの?
02 ユリ:やばい、見られた!
03 拓哉:キュウリ出したら、かっぱ巻きじゃなくなっちゃうじゃん!
04 ユリ:だってキュウリ嫌いなんだもん
05 ミキ:なんでー!? キュウリってくせないし、おいしいじゃん
06 ユリ:なんかさー、青臭さが気になるんだよね
07 吾郎:あ、それ、うちの父も言ってた
08 拓哉:父って…
09 全員:(大笑い)
10 ヨナ:え?何でみんな笑ってるの?
11 ミキ:だって吾郎くんが父って
12 全員:(再び大笑い)
13 ヨナ:え?自分のお父さんのことは父でいいでしょ?
14 拓哉:まー、そうなんだけどさー
15 ヨナ:じゃなんで笑うの?
(※左端の番号は、解説のために便宜上つけたものです)

5月のチャレンジでは、韓国人留学生ヨナの「じゃなんで笑うの?」という疑問に対する答えを考えてもらうというものでした。

(10)ヨナが「何でみんな笑ってるの?」と言った直後、(11)ミキが「だって吾郎くんが父って」と答えていることから、07の吾郎の発言がみんなの笑いの原因であることは明らかです。しかし、(13)ヨナの発話から、自分の父親のことを「父」と言った吾郎がなぜ笑われているのか腑に落ちない様子がうかがえます。そのすっきりしない気持ちが15の「じゃなんで笑うの?」という発話に現れています。

寄せられた解答で一番多かったのは、「親しい友だちには『父』は使わないから」というものでした。「父」ではなく「お父さん」と言ったほうが良いという代案を示してくれた人もいました。また、吾郎は男子大学生なので、「おやじ」でも良いのではないかという意見もありました。

では、皆さんの解答にあったように本当に友だちには「父」と言わないのでしょうか。

そこで、この会話の参加者と同じぐらいの年の大学生60名にアンケート調査を行ってみました。調査では、以下の会話を示して、?、?それぞれについて、自分ならどれが適切だと思うか選んでもらうというものです。

【アンケート調査の内容】
ミキ:ユリちゃん、なんでキュウリ抜いてんの?
ユリ:やばい、見られた!
拓哉:キュウリ出したら、かっぱ巻きじゃなくなっちゃうじゃん!
ユリ:だってキュウリ嫌いなんだもん
ミキ:なんでー!? キュウリってくせないし、おいしいじゃん
ユリ:なんかさー、青臭さが気になるんだよね
吾郎:あ、それ、うちの?( お父さん ・ パパ ・ おやじ ・ 父 )も言ってた
拓哉:へ〜、吾郎の?( お父さん ・ パパ ・ おやじ ・ 父 )もきゅうり嫌いなの?
吾郎:うん。

調査の結果は次のようになりました。
?について ?について
「お父さん」…14名 「お父さん」…54名
「パパ」…2名 「パパ」…2名
「おやじ」…42名 「おやじ」…4名
「父」…2名 「父」…0名

?に入るものとして、一番多かった「おやじ」と2番の「お父さん」で全体の9割以上を占めていることがわかります。「父」を選んだ学生は2名だけでした。
もし吾郎が?で「父」と言ったらどんな印象を持つか尋ねたところ、おもしろい回答がいろいろ出てきました。友だちに使われると「かしこまりすぎている」「フォーマルすぎる」「距離を感じる」という意見がありました。その他、吾郎の家柄(お金持ち、いいとこのおぼっちゃま)や育ち(厳しく育てられた)などの意見も聞かれました。そしてもう一つ、「昭和の子か!?」と感じると言ってくれた人もいました。「父」という言い方に古くささを感じるということでしょうか。しかし、「おやじ」「お父さん」「パパ」と答えた学生も、就職活動で自分の父親について言及する場面では、きっと皆「父」と言うはずです。また、上の会話のような寿司パーティーの場であっても、もしそこにゼミの先生が混じっていると想定したら、「おやじ」と答える人が減るかもしれません。

「どんな相手に」、「どんな場面で」使うのか、また、「その会話を聞いている人はどんな人なのか」など、いろいろなことが加味されて、家族の呼び方(親族呼称)が決まってくるようですね。上に挙げた学生の意見で吾郎の家柄に言及したものがありましたが、「自分はどんなタイプか」、「自分をどう見せたいか」ということによっても、選ばれる親族呼称が変わってきそうです。皆さんの周りの人たちがどんな風に親族呼称を使い分けているか観察してみたら、何かおもしろいことがわかるかもしれませんよ。

日本語学科 近藤有美

今月のチャレンジ

★ このメルマガでは、毎号、日本語・日本文化、日本語力、国語教育、日本語教育などについての課題を出題します。解答を考えて送ってください。タイトルを「6月のチャレンジ」として、解答のあとに、お名前と所属を書き添えてください。
★ 送り先は、takenoko_re□@nufs.ac.jp(実際の送信時には□を省き、続けて入力してください)です。
★ 次号で、送っていただいた解答のうちおもしろいものと解説を掲載します。


第13回、6月のチャレンジは、身近にある社についてです。
 
 日本人の大学生に宗教は何かと聞くと、ないと答える人も多いですが、頼みごとがあると手を合わせたり、新年や祭りで神社を訪れる人は少なくないはずです。日本の神社の数は8万6千社以上だと言われていますが、平成2年から9年にかけて実施された神社本庁の「全国神社祭祀祭礼総合調査」で一番多かったのは、以下のa〜fのうちどれでしょうか。また、以下の神社(信仰)を多いものから順に並べてください。然し、末社(一神社内で本社に付属する小社)や小祠(街角に祀られているもの)は数には入っていません。

a. 伊勢系神社
b. 稲荷系神社
c. 春日系神社
d. 天神系神社
e. 八幡系神社
f. 熊野系神社

 最後に、歌舞伎の三大名作と言われている『仮名手本忠臣蔵』(かなでほんちゅうしんぐら)、『菅原伝授手習鑑』(すがわらでんじゅてならいかがみ)、『義経千本桜』(よしつねせんぼんざくら)は、其々違う神社と深い関係がありますが、この三つの作品と関係する神社はどこでしょうか。

★ あなたのお答えをお待ちしています。
★ ご意見、ご希望、ご質問もお寄せください。
★このメルマガでは、毎号、日本語・日本文化、日本語力、国語教育、日本語教育などについての課題を出題し、翌月号で皆様に送っていただいた解答の中のおもしろいものを紹介しながら、解説します。

※メルマガの受信を希望される方は、takenoko_re□@nufs.ac.jp(実際の送信時には□を省き、続けて入力してください)にお申込みください。「メルマガ受信希望」と記して、お名前と学校名または所属をお書きください。クイズの解答も、このアドレスにメールで送ってください。送信できないなどの場合は、「名古屋外国語大学受験生サイト」の「お問い合わせ」から問い合わせてください。

=======================
名古屋外国語大学外国語学部日本語学科
〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
電話 0561-74-1111(大学代表)
=======================