グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



中道真木男 教授



画像:中道真木男教授

中道真木男(なかみち まきお)教授

「ことば」を使うのは「人間」です。ことばを、人間から切り離して考えることはできません。
ことばを手がかりとして、人と人、人と世界の関わりを考えています。
その中で、将来の道を探る学生のみなさんにもアドバイスをしていきたいと思います。

担当科目

1年次専攻言語プログラム(必修)「音声表現1・2」
1年次専攻言語プログラム(必修)「日本語概説1・2」
2年次〜専攻語学(選択)「語彙」
2年次実践日本語コース(必修)「朗読」
2年次実践日本語コース(必修)「公話」
3年次専攻語学(必修)「日本語分析」
3年次〜専攻語学(選択)「意味」
大学院前期課程(選択)「日本語学概論」
大学院前期課程(選択)「語彙・意味」

学科での役職 : 学科長

学歴

1976年東京大学文学部言語学科卒業
1980年東京外国語大学大学院修士課程修了


職歴

1975年-1977年雇用促進事業団、国際協力事業団、朝日カルチャーセンターなどで外国人に対する日本語教育を担当
1978年オーストラリア国立大学で、Senior Tutorとして「1年間集中日本語コース」を担当
1980年-1981年香港中文大学客座講師として、日本語科目を担当(日本語教師歴は計5年ほどです)
1981年-2000年国立国語研究所日本語教育センター日本語教育教材開発室(当時)研究員、のち室長として、日本語学習辞典、日本語教育用ビデオ教材などの作成を担当(日本語教育支援の仕事でした)
2000年-現在名古屋外国語大学日本語学科教授(2005年から学科長:日本語学、日本語教育などに関する科目を担当しています)
この間、津田塾大学、インターカルト日本語学校、大東文化大学・同大学院、愛知女子短期大学、愛知県立大学などで、非常勤講師として日本語・日本語教育の科目を担当しました。
また、日本語教育学会、国際交流基金などで、日本語教師養成・現職教員研修などの講義を担当しました。
日本語教育学会編集委員、評議員、異文化間教育学会理事などを務めました。


研究テーマ 研究・教育上のトピック

(1) 出発点は、語の意味の分析(構造的意味論)です。意味の似たことば、たとえば、「浮く」と「浮かぶ」はどう違うか、といった分析を通して、「語(単語)」に備わっている意味にはどんな種類があるかを論じるのが、修士論文のテーマでした。


(2) その延長として、日本語の語彙に関する問題点の整理(語彙論)を扱っています。
「日本語」とひと口に言いますが、日本語を使う人により、地域により、場面により、非常に多様なことばが用意されていて、私たちはそれらを使いこなしています。語彙や表現、さらには非言語的な行動を総合した「文体(スタイル)」の分類をしたいと思っています。


(3) ビデオ教材の作成を担当する中で、映像を使った授業の方法や効果、そもそも授業の中でどうやって情報を提示するか、といったこと(視聴覚教育)を考えました。


(4) ビデオ教材でとりあげた実際のコミュニケーションのやり方(言語行動)を分析したり、日本語教育にどのように取り込むかを考えています。
現実のコミュニケーションでは、ことばを適切に使って表現し、また相手が使うことばを適切に理解することが必要です。それだけではなくて、ことばには、表情・身振りや声の調子など、いわゆる非言語行動が必ず伴います。そうした伝達手段を駆使した適切なコミュニケーションを考えるためには、ビデオ映像を使うことが不可欠です。


(5) 「日本語」教育を考えているうちに、ことばは文化と切り離せないこと、また、外国語を学ぶことは学習者の人生に大きな影響を与えることなどを考えるようになりました(日本語教育の全体像)。
これは、特定の学問の分野には収まらない問題ですが、日本語教育のより良いあり方を考える上で絶対に必要な考察だと思っています。


(6) 外国人に対する日本語教育の発想は、日本人が日本語をよりよく使う(実践日本語能力)ためにも応用できます。
 特に、社会人としての行動を身につけようとする大学生の年代にとって、ことばづかいを初めとする対人行動の習慣を学ぶことは、非常に大切なことです。この日本語学科での学習に役立てられるように、コミュニケーション能力の内容を明らかにしていきたいと思っています。


おすすめの本

語彙論・意味論の入門書として読みやすいもの

01.『よくわかる語彙』秋元美晴著
アルク:2002年

異文化間コミュニケーションで起こる問題点について

01.『異文化コミュニケーション入門』鍋倉健悦著
丸善ライブラリー:1997年

02.『外国人とのコミュニケーション』J.V.ネウストプニー著
岩波新書:1982年

ただの愛読書(故事成語などの勉強にもなります)

01.『三国志』吉川英治著
講談社:1989年


連絡先

電話番号0561-75-1737(直通)