グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



近藤有美 教授



外国人に接したとき、私たちは「なぜ?」、「どうして?」と感じることがよくあります。この私たちがなんとなく感じる「なぜ?」「どうして?」の原因は、私たちが気づかないうちに持っている「あたりまえ」という領域にあるようです。日本人同士でいるときは、この「あたりまえ」を意識することはほとんどありません。しかし、外国人や異文化に接したとき、「あたりまえ」を意識するチャンスが到来します。「あたりまえ」の領域を意識的に考えられたら、これまで気づかなかったいろいろなことが見えてくるはずです。

みなさんも自分の中に芽生えた「不思議」を大切にして、何かを考える出発点にしてみてください。

担当科目

日本語教育教材論
教室活動
談話分析
日本文化研究(技能別教育)
日本語教育実習指導B(国内)
日本語教育実習指導E(海外)、日本語教育実習(海外)?

学歴

椙山女学園大学文学部英語英米文学科卒業
名古屋大学大学院国際開発研究科国際コミュニケーション専攻博士前期課程修了
名古屋大学大学院国際開発研究科国際コミュニケーション専攻博士後期課程修了


職歴

2007年-2009年啓明大学(韓国・大邱市)国際学部日本学科招聘講師
2009年-2012年長崎外国語大学外国語学部国際コミュニケーション学科特任講師
2012年-現在名古屋外国語大学外国語学部日本語学科准教授


研究テーマ 研究・教育上のトピック

1.教師の役割

博士後期課程では、日本語の授業で学習者の自発的発話が教室談話の展開にどのように作用するかを質的に分析しました。その研究を通じて、学習者の自発的発話が日本語学習に大きく寄与していることがわかりました。しかし同時に、この自発的発話の多くが他の学習者を含む談話へと広がる前に教師の発話によって収束していることもわかりました。授業内で、教師がどう発問するか、学習者の発話をどう発展させるかなど、今は授業における教師の発話を中心に、教師がどうあるべきかという教師の役割に興味を持って研究しています。

2.活動型学習

「学習」とは個人の頭の中で起こっていることだという考え方もありますが、他の人とのやりとりを通して学ぶのだという考え方(社会文化的アプローチ)もあります。最近は、この考え方を実際の授業に応用し、学習者が他者と多くやりとりができるような授業を行い、そこでどのような学びが起きるのかについて研究しています。

3.CBI(Content-based Instruction)

2010年、九州地区の大学や日本語学校の先生方と九州CBIプロジェクトを立ち上げ、授業を見学し合ったり、それぞれの学校の取り組みについて話し合ったりして、内容重視の日本語教育について考えています。


【読書会のご案内】
未定