グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



卒業後の進路

将来に向けて、自分を作る

大学で学ぶ第一の目的は、将来に向けて、自分を作ることです。
入学する前から、将来の進路を決めている学生もいれば、大学の4年間で自分の道を見つけようとしている学生もいます。
進む道は、早く決まればそれだけ十分に勉強し準備することができます。進路選びに時間をかければ、それだけたくさんのことを考え、さまざまな分野を知って、最良の道を選択できる可能性が高まります。
あせらず、でも、おこたらず、広い視野を持ち、そして、自分自身をしっかり見つめて進路を選ぶことが重要です。

日本語学科の卒業生に適した分野のいくつかを紹介します。

企業に就職する
「日本語学科生で一番多い、一般企業への就職」
企業への就職について紹介します。
日本語教師になる
「外国人に日本語を教える日本語教師は、日本語学科で学んだ知識をフルに生かせる仕事」
日本語教師について紹介します。
国語教員になる
「日本語学科では、中学校・高等学校の教員免許状を取得」
国語教員について紹介します。
大学院に進学する
「日本語・日本文化を深く極め、高度の専門性を持って、教育や研究の道に進む」
大学院への進学について紹介します。